2017年10月14日 一般公開されていない豪農の古民家が羽曳野市で公開

吉村家住宅 羽曳野
10月14日(土)に「はびきの古民家の日」として、一般公開されていない古民家が3軒、同時公開される事になりました。3軒とも近世以降の豪商の生活を知ることができる貴重な古民家です。

公開される3軒の古民家は
・重要文化財 吉村家住宅
・登録文化財 松村家住宅
・登録文化財 畑田家住宅
になります。

特に吉村家住宅は、昭和1937年に主屋が民家としては初めて国宝指定を受け、昭和1950年には重要文化財に再指定されています。

吉村家は羽曳野、松原、八尾、大阪市一帯の18もの村々を管轄する大庄屋でした。主屋は大坂夏の陣で一度消失していますが、直ぐに再建され何度か増改の後、1800年前後に現在の姿になりました。

戦国時代以降における豪農住宅の代表的な作りで、苗字帯刀を許された富裕な農家・庄屋だけが持つことができる長屋門や高堀造りという特徴のある屋根、主屋の一部に残る書院造など見どころも多くあります。

また、スタンプラリー形式となっており、3件すべてを見学した人には記念品がもらえるという特典もあるそうです。

詳細は羽曳野市ホームページでご確認ください
羽曳野市ホームページ(はびきの古民家の日)

公開の詳細

公開日:10月14日(土)
時 間:午前10時から午後4時まで(入場は午後3時30分まで)
料 金:無料
アクセス:いずれも駐車場はないので公共交通機関または徒歩、自転車

問い合わせ先
羽曳野市 文化財保護課 072-947-3904

古民家カフェ&レストラン
ザメディアジョン (2017-04-11)
売り上げランキング: 154,104