いま流行りのふるさと納税。河南町のお礼は「黒毛和牛」と「なにわ野菜」でした!

最近流行っている「ふるさと納税」をご存知でしょうか?南河内の各自治体でも様々な返礼品を用意してふるさと納税に対応しています。今回は河南町のふるさと納税にチャレンジしましたのでご紹介したいと思います。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは寄付控除を利用した制度で、好きな自治体に寄付をする事により地域の特産物が返礼品として頂けます。

さらに寄付額から2000円を引いた金額が住民税や所得税から控除、還付されます。控除、還付という聞き慣れない言葉ですが、簡単にいうと税金が安くなったり戻ってきたりする事です。

つまり実質負担は2000円で地域の特産物をいただけるという嬉しい制度なんです。

「エフバイジー」ふるさと納税とは

では100万円寄付したら返礼品を貰い、税金が998000円安くなるのかというと、そんな事はありません。控除される上限は寄付者の収入や家族構成により異なりますので、それを調べる必要はあります。この点が、ふるさと納税の一番ハードルの高いところです。

計算の仕組みは少しややこしいので、控除額を計算するサイトがいくつかあります。こちらのサイトはかなり細かく条件を入れて調べることができるのでオススメです。

住宅ローン控除・ふるさと納税・医療費控除などの減税効果確認ツール

ふるさと納税先選び

以前からふるさと納税に興味があり、今年はチャレンジしようと思って藤井寺市の牛肉を狙っていました。しかしダラダラ先延ばしにしてるうちに品切れに…

今回は南河内の自治体から選ぼうと決めていたので、藤井寺市以外の各自治体のホームページを調べていると、河南町でふるさと納税を始めたという情報がありました。

なにわ野菜のアピールとあって野菜がメインですが、黒毛和牛とのセットもありましたので、河南町でふるさと納税をする事にしました。

河南町のふるさと納税は「エフバイジー」というサイトから選べます。一般的にふるさと納税は寄付額に対して何円分の返礼品として返ってくるかの「還元率」が重視されます。

しかしエフバイジーでは、ふるさと納税を通じて自治体の取り組みを応援するというサイトで、お得感よりも自治体の取組をアピールする面が強いようです。

ふるさと納税「エフバイジー」
ふるさと納税で大阪府河南町を応援しよう今こそ復活のとき!「なにわの伝統野菜」のレシピ本で魅力を伝え、伝統を守っていきたい

こちらのサイトによると、河南町では「なにわの伝統野菜」を広くアピールしていきたいとありました。大阪で野菜と言ってもピンときませんが、河南町ではこんなにも野菜が栽培されているんですね。

黒毛和牛は河南町にあるワールド牧場からになります。ワールド牧場は近年、大規模な改修が行われました。今年久しぶりに行きましたが、施設も新しく、エンターテイメントも充実してとても楽しめました。

ワールド牧場

返礼品

申し込みをして2週間ほどして野菜は「道の駅かなん」から、お肉は「ワールド牧場」から送られてきました。しいたけ、里芋、大根、水菜、キャベツ、白菜、長ネギ、蕪、チンゲンサイなど、想像以上に大量で、冷蔵庫の野菜室がもうパンパンになりました!



お肉は、焼肉用、すき焼き用、しゃぶしゃぶ用から選べますので、今回はすき焼き用を選びました。2000円の負担でこれだけ頂けるのならかなり満足ですね!

早速すき焼きを作り、黒毛和牛、肉厚のシイタケ、春菊、長ネギなど使わせてもらいました。肉は柔らかくすき焼きにピッタリでとても美味しくいただくことができました。

今回は3万円を寄付するコースを選びました。2000円の負担で5~6千円相当の大量の野菜と黒毛和牛を頂く事ができました。

河南町のふるさと納税は還元率から見れば高いほうではありません。しかしふるさと納税を通じて河南町が目指していること、なにわ野菜の存在などを知ることができ良かったと思います。

まとめ

控除額の上限が家族構成や給料以外の条件により把握するのが少し面倒なのがふるさと納税の問題点かなと思います。そこが改善されればもっとふるさと納税を利用する人が増えるのかもしれません。寄付の仕組みでは現在、確定申告をしなくてもよい方法もあり、いたって簡単です。

寄付できる額は自治体により幅広い選択肢があります。まだされたことがない方は一度試してみてはいかがでしょうか?もしかすると地域の知らない魅力が見つかるかもしれませんね。

河南町ふるさと納税
ふるさと納税「エフバイジー」
ふるさと納税で大阪府河南町を応援しよう今こそ復活のとき!「なにわの伝統野菜」のレシピ本で魅力を伝え、伝統を守っていきたい