屯倉神社 | 菅原道真と藤原氏の因縁 ~松原市 アクセス ~

屯倉神社
松原市三宅にある「屯倉(みやけ)神社」です。古墳時代、この場所には「依網屯倉」という天皇直轄の領地があり、三宅の地名は屯倉が由来していると言われています。

屯倉神社は菅原道真を祭る神社で、菅原道真に関する文化財がいくつか保管されています。しかしその文化財は菅原道真と関係する一族の文化財でした…

その一族と菅原道真とはどういう関係なのか・・・今回は松原市三宅にある屯倉神社を紹介いたします。

屯倉神社の沿革

屯倉神社

天照大神と素戔嗚尊が誓約した際に「天穂日命」という神様が誕生します。その天穂日命の子孫である野見宿禰が垂仁天皇の下で功績を立て「土師臣」の姓を賜った事が土師氏の始まりとされています。屯倉神社は元々、土師氏が先祖である「天穂日命」を祭る「穂日の社」のあった場所でした。




その後、土師氏は菅原氏と改称し、学識を生かして朝廷内で重要なポジションの占めてゆきます。菅原氏は後に有名な「菅原道真」を輩出します。

菅原道真は901年、ライバル藤原北家「藤原時平」の讒言により太宰府に左遷されます。菅原道真は大宰府に左遷される際に道明寺にいる伯母に会いに行きその後、先祖を祭る「穂日の社」で自らの無実を訴えたと言われています。無実を訴える際に腰掛けたと言われる「神形石」が境内には残っています。
屯倉神社
屯倉神社
また屯倉神社には902年に太宰府に於いて菅原道真が自らの姿を鏡に映して彫ったと伝わる、等身大の菅原道真像が存在します。ただ調査を行ったところ胴体部は近世、頭部は南北朝時代に作られたのではないかと考えられています。
屯倉神社
その後942年、釈道賢という人物が地元の人々と共に三宅の地に菅原道真、素戔鳴命、品陀別命(応神天皇)を祭る神社としてスタートしたのが現在の屯倉神社に至る起源と言われています(あれ?天穂日命はどこに・・・)。
屯倉神社
明治時代まで三宅にある菅原道真を祭る神社として「三宅天満宮」と呼ばれていましたが、明治以後は現在の呼び名である「屯倉神社」と称するようになりました。
屯倉神社

道真ゆかりの文化財、しかしそれは・・・

屯倉神社には近衛信尋自画「渡唐天神像」、後陽成天皇筆とされる「菅原道真画像」、近衛基熙筆「南無天満大自在天神」名号など、菅原道真に関する文化財がいくつか保管されています。

近衛信尋は後陽成天皇の四男で近衛家の養子に。近衛基熙は近衛信尋の孫になります。後陽成天皇の妻も近衛家出身であるなど、文化財は近衛家にゆかりの深いものばかりです。近衛家というのは遡ると藤原北家の流れをくむ五摂家の一つです。

そう言えば、菅原道真を讒言で陥れた藤原時平は藤原北家の当主だったのでは・・・藤原時平は、菅原道真を陥れることに成功したあと直に病で命を失いました。当時の人々は菅原道真のたたりとして恐れ、各地に道真を祭る天満宮が作られるキッカケとなります。近衛家からすれば菅原道真は、お家を祟った人物という事になります。




後陽成天皇や近衛信尋の活躍した時代は戦国時代の終わりから江戸時代の初期にあたります。豊臣秀吉は自らを権威を高めるために朝廷を利用し、その為に朝廷を厚く遇しました。しかし徳川家康の時代に入ると朝廷は監視され、様々な制約を受けるようになります。

朝廷にとってはめまぐるしく変わる情勢に非常に不安と不満を抱えていた時期だと思われます。もしかしたら、かつて因縁があった菅原道真にこれ以上状況が悪化しないよう祈る思いがあったのかもしれませんね。

式内社 酒屋神社

屯倉神社の境内には「式内社 酒屋神社」が存在します。酒屋神社は元々、屯倉神社から少し北西にあった「権現山古墳」にありました。旧神社跡の付近に「酒屋井」と言う井戸があり、そこから酒屋神が出現した事から「酒屋権現」とも称していました。
酒屋神社
現在、権現山古墳は消滅して児童公園となっていますが、権現山古墳の名前は酒屋権現からきているそうです。児童公園の脇には酒屋神社があったという記念碑と、「酒倉大神」という小さな祠が存在しています。酒倉大神と酒屋神社はどういう関係なんでしょうね?
酒倉大神
酒倉大神
酒倉大神
古墳時代の三宅は中臣酒屋連が治めていた土地で、酒屋神社は中臣酒屋連の祖神である津速魂命を祭っています。中臣酒屋連と言う名前から分かるように、中臣酒屋連は後の藤原氏となる中臣氏と同族でした。中臣氏は神事に関わる職にあり、中臣酒屋連はその中で神に捧げる酒造りに関わっていたと言われています。

酒屋神社は延喜式にも記載されている由緒ある式内社ですが、1907年に屯倉神社内に移設されて現在に至っています。
酒屋神社

開運松原六社参り

開運松原六社参り屯倉神社は、お正月の元旦から15日までに松原の六社を参詣する「開運松原六社参り」のうちの1社に含まれています。



アクセス

最寄り駅は近鉄南大阪線「河内松原駅」になります。駅から北へ約20分と少し歩く必要があります。屯倉神社へ向かう途中には阿保神社や一風変わった豆腐の自動販売機がある山本食品さんなどがあります。

阿保親王と毛利家の意外な関係 〜 松原市 – 阿保神社 – 芦屋市 – 阿保親王陵 アクセス 御朱印〜

豆腐の自動販売機 | まさかの発想!~とうふキッチン(山本食品) 松原市~


車の場合は駐車場はありますが、3台ほどしか駐車スペースがありませんので注意が必要です。

屯倉神社データ

住 所:大阪府松原市三宅中4丁目1番8号
駐車場:あり
アクセス:近鉄南大阪線「河内松原駅」北に徒歩約20分
祭 神:菅原道真・素戔鳴命・品陀別命
旧社格:村社
式内社:式内小社
祭 事:3月梅祭り・6月30日~7月1日万灯籠・10月1日・7月25日夏祭り

酒屋神社データ

住 所:大阪府松原市三宅中4丁目1番8号
駐車場:あり
アクセス:近鉄南大阪線「河内松原駅」北に徒歩約20分
祭 神:津速魂命
旧社格:村社
式内社:式内社