允恭天皇陵(市ノ山古墳)| ぶら古墳 Vol. 10 〜藤井寺市 百舌鳥古市古墳群 世界文化遺産〜

藤井寺市にある前方後円墳「允恭天皇陵(市ノ山古墳)」です。墳丘サイズは全長227mを誇り、藤井寺市においては3番目、全国で19番目に大きな古墳。百舌鳥古市古墳群の世界遺産リスト「25」として登録されています。今回は市ノ山古墳こと、允恭天皇陵を紹介いたします。



允恭天皇とは

允恭天皇陵仁徳天皇の四男で第19代天皇。安康天皇、雄略天皇の父でもあります。

兄の反正天皇が亡くなった後、天皇に即位します。元々病弱だったらしく、最初は即位を断りますが、奥さんの強い要請でやむなく天皇の座につきます。いつの時代も奥さんは強いですね・・・

柴籬神社 | かつての都には意外なご利益があった!〜松原市 アクセス 御朱印〜

即位後に偶然、朝鮮半島の新羅から81艘もの船につまれた貢ぎ物が贈られてきます。後の推古天皇の時代には日本と新羅の関係は悪化していますが、この頃は仲が良かったんですね。

更に偶然、貢ぎ物を運んできた使者が、医学の知識を持っており、允恭天皇の病を治してしまいます。




允恭天皇は「遠つ飛鳥」、現在の明日香村に都を移し政治を行いました。「遠つ飛鳥」という呼び名は、難波宮からの地理的な遠さを表しています。難波野宮から近いほうの飛鳥は、羽曳野市飛鳥一帯を指し、「近つ飛鳥」と呼ばれています。

ちょっと驚きの「近つ飛鳥」と言う名の由来~河南町 近つ飛鳥博物館 アクセス ~


允恭天皇の功績としては乱れていた氏姓を正した事にあります。当時の有力者たちは世襲を重ねる内に氏姓を間違えたり、有利になるために偽ったりする者が増えて混乱していたそうです。いや、偽る人がいても自分の氏姓を間違える事があるのだろうかとは思うのですが、古事記にはそう書いてありました。

混乱を危惧した允恭天皇は明日香甘樫丘にある甘樫丘神社に臣下を集めます。そこに、偽りを述べた者に禍いを与えると言われる「言八十禍津日神」を祭り盟神探湯を開催。盟神探湯とは熱湯の入った瓶に手を入れ、火傷の具合からその者が嘘をついているか占う儀式です。

実際に火傷の具合で嘘が見破れる訳ではありませんが、祟りが信じられている時代でしたので、嘘をついている人物をビビらせて白状させるシステムと思われます。この盟神探湯により氏姓の乱れは収まったそうです。

甘樫丘
甘樫丘

その後の功績はあまり明らかになっていませんが、80歳前後で崩御されます。残された9人子供達の中から穴穂皇子が安康天皇として跡を継ぎます。

雄略天皇は英雄か?暴君?か 南河内ゆかりの地 〜雄略天皇陵・志貴懸主神社〜

現在の市ノ山古墳(允恭天皇陵)

允恭天皇陵古墳市ノ山古墳は宮内庁から允恭天皇陵と比定されています。しかし同じ藤井寺市にある「津堂城山古墳」も允恭天皇の陵墓である可能性があり「藤井寺陵墓参考地」として管理されています。

津堂城山古墳 | 見つかった天井石を探して・・・ ぶら古墳 Vol. 5 〜藤井寺市 百舌鳥古市古墳群 アクセス〜

作られた時期は5世紀後半と考えられています。かつては二重の周濠を有していたそうですが、現在は内濠しか残っていません。周濠に水はほとんど残っていませんが、地形的に造られた頃からあまり水が無かったのではないかと言われています。

允恭天皇陵

遙拝所は北側前方部に存在しますが、かなり見つけにくくなっています。遙拝所へ通じる道は古墳北東側の駐車場にありますが、道の入口が狭くうっかりしていると見落としてしまいます。

允恭天皇陵

古墳を見渡せるポイントとして、南側は周囲が墳丘よりも少し高く一望できますが、柵があり少し見づらくなっています。北側の遙拝所付近は少し南側より低いですが柵も無いので古墳を見るには絶好の場所になります。

允恭天皇陵

明治時代に宮内庁が管理するまでは誰でも古墳内に入る事ができ、一部は畑にもなっていたようです。藤井寺市には允恭天皇陵にまつわる民話があり、当時の人々と古墳と関わりを垣間見る事ができます。

龍神社 | 大蛇が恋する四都市物語~大阪狭山市・富田林市・藤井寺市・松原市~

生活の一部として利用しつつもどこか畏れもあったようですね。

アクセス

近鉄南大阪線「土師ノ里」駅下車。古墳自体は駅の北側に見えていますが、遥拝所へ行くには古墳の北東側へ10分ほど歩く必要があります。允恭天皇陵にはいくつかの陪塚を持っていました。現在残されている陪塚は、古墳の南側に「唐櫃山古墳」、西側に「宮の南塚古墳」と「衣縫塚古墳」が残されています。




土師ノ里駅周辺には他にも「仲津山古墳」や「道明寺」「道明寺天満宮」など、紹介しきれないほどの史跡が数多くあります。土師ノ里駅にはレンタルサイクルがありますので、サイクリングがてらに観光スポットを楽しんではいかがでしょうか?

允恭天皇陵(市ノ山古墳データ)


古   墳:市ノ山古墳
通   称:允恭天皇陵
宮内庁名称:惠我長野北陵
墳   形:前方後円墳
築造の時期:5世紀後半
所 在 地:大阪府藤井寺市国府1丁目
全   長:227m
高   さ:23.3m
埋   葬:允恭天皇