浄元寺山古墳 | ぶら古墳 Vol.11 〜藤井寺市 百舌鳥古市古墳群〜

浄元寺山古墳
藤井寺市にある「浄元寺山古墳」です。百舌鳥古市古墳群の一つで、世界遺産推薦リスト「42」に登録されています。

浄元寺山古墳は5世紀前半に築造された一辺が67mの方墳です。この規模の方墳は古市古墳群のなかでは最大クラス。すぐ東側にある墓山古墳の外堤に沿って築造されています。




墓山古墳の周辺には浄元寺山古墳の他に野中古墳、向墓山古墳と消滅した西墓山古墳の3基があります。この4基の古墳は墓山古墳と深い関係がある陪冢と考えられています。墓山古墳が応神天皇陵の陪冢とされているので、陪冢の陪冢というややこしい関係。

位置関係

浄元寺山古墳はかつて幅10m程の濠があったようですが、現在は埋め立てられて全くわかりません。墳丘は比較的綺麗に整備されており、二段築成された姿がよくわかります。本格的な調査がされていないようで、埴輪が見つかっている以外はよく分かっていません。浄元寺山古墳

浄元寺山古墳と言う名前だけに、近くに浄元寺というお寺はありますが、関係はよくわかりません。というか、古墳の名前って誰が決めるんでしょうね?

浄元寺山古墳のすぐ南側にある公園の近くに西墓山古墳がありましたが、現在はその姿を確認することはできません。浄元寺山古墳も他の藤井寺の古墳同様、住宅地の中に存在しています。比較的美しい墳形をしているのに全体像を把握しにくいのが少し残念なところです。

アクセス

浄元寺山古墳は藤井寺市にありますが、羽曳野市にある近鉄南大阪線「古市駅」が最寄り駅。古市駅からは徒歩で15分ほどの場所に存在します。

浄元寺山古墳に行く途中には西馬塚古墳、向墓山古墳、墓山古墳などがありますので、少し回り道してみるのもいいかもしれません。向墓山古墳には、周辺で発掘された出土物が展示している小さな資料館もあるので、寄っておきたいところです。

浄元寺山古墳
羽曳野市文化財展示室

墓山古墳に隣接した墓地には幕末江戸三大道場主として名を馳せた「桃井春蔵」の墓も存在します。

桃井春蔵 | 大久保利道の代筆も務めた剣豪と南河内 ~羽曳野市・千早赤阪村~

車の場合だと、浄元寺山古墳周辺に駐車スペースがありませんので、古市駅周辺、羽曳野市役所、駅周辺のパーキングに停めて徒歩で向かうのが無難だと思われます。



浄元寺山古墳データ

古   墳:浄元寺山古墳
墳   形:方墳
築造の時期:5世紀前半
所 在 地:大阪府藤井寺市青山1丁目1−15
全   長:67m
高   さ:9.7m
埋   葬:不明