『小野妹子』と言う歌があったけど、どんな曲?~水曜日のカンパネラ~

小野妹子と言えば聖徳太子の命で遣隋使として中国へ赴き、皇帝に「なんやこの無礼な文書は!」とブチ切れされた事でおなじみの人物です。(小野妹子は悪くない)

爆撃 聖徳太子(町井登志夫) | 南河内ブックレビューvol.1


太子町には小野妹子の墓があり、南河内にゆかりがある人物として知られています。そんな小野妹子ですが、現在活躍しているアーティストが「小野妹子」の歌を作っていた事を最近知りました。

小野妹子が華道の祖!?そのキッカケとは ~太子町 小野妹子 墓 華道 池坊 ~


それは「水曜日カンパネラ」と言うグループが2015年11月に発売したアルバム「ジパング」に収録されている「小野妹子」と言う曲です。(ズバリそのまま)



「水曜日のカンパネラ」はコムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fによる3人のユニット。2012年にYouTubeでデビューしたという少し変わった経歴を持っています。発表している曲名を見ると「千利休」「ランボー」「シャクシャイン」「桃太郎」など人物名の曲が多く、なかなか個性的なユニットのようです。

YouTubeには水曜日のカンパネラの公式チャンネルがあり「小野妹子」もアップされています。小野妹子役はまさかの山田孝之!


初め歌詞がはっきり聞き取れないのでどんな歌かわかりませんでしたが、歌詞を見て改めて聞き直すと結構ツボにはまる曲でした。
ある日ポストに届いた手紙
ラブレター フロム 倭の国
想像力をかきたてる
きっと可憐な美女からの便り

募る想い 寄せる期待
ついに船に乗って会いに来た
苦しゅうない 面を上げい
何故か髭の男 余の前に
Hey

(全部歌詞を載せると色々問題があるので一部抜粋)

YouTubeでデビューという事でPVはかなり作り込んでおり、歌とセットで楽しむという感じでしょうか。随の皇帝は「Hey」とか言わんだろ!と思いますが、小野妹子の名前を見て女性と勘違いする所を想像すると、少しクスッとしますね。