富田林市寺内町にて「歴史まち歩きバイリンガルツアー」開催~2019年5月1日(水)~5日(日)~

2019年5月1日(水)~5日(日)までの5日間、重要伝統的建造物群保存地区・富田林寺内町の案内を日本語と英語の2か国語で行う「歴史まち歩きバイリンガルツアー」が開催されます。



寺内町とは

寺内町寺内町とは富田林市の中心にあり、江戸時代からの町並みが残る場所として知られています。

寺内町は戦国時代末期の1560年、興正寺第16世・証秀がこの地を購入し、興生正寺別院として周辺を開発。寺内町として発展していきました。



江戸時代には天領となり、南河内の商業の中心地として繁栄。現在も町を治めていた有力商人の邸宅が残されており、町のシンボルともなっています。

歴史まち歩きバイリンガルツアー詳細

開催日時
5月1日(水)~5月5日(日) 雨天催行 (荒天時は中止)
各日
(1)10時00分~12時00分
(2)13時30分~15時30分
参加費・人数
参加費: 無料
定 員: 15名程度
集合場所
じないまち交流館1階
お申し込み・お問合せ
じないまち交流館(0721-26-0110)