鍋塚古墳 | 沢田の七つ塚最後の古墳 〜藤井寺市・百舌鳥古市古墳群〜

鍋塚古墳南河内の古墳を紹介する「ぶら古墳シリーズ」。今回は藤井寺市沢田にある「鍋塚古墳」です。百舌鳥古市古墳群の一つで、世界文化遺産「27」に登録されています。




かつて鍋塚古墳の周辺には「沢田の七つ塚」と呼ばれる7つの古墳が存在していました。開発により多くが失われ、現在七つ塚のうち残っているのは「鍋塚古墳」のみになりました。

唯一残った鍋塚古墳とはどんな古墳なのか?今回は、藤井寺市沢田にある「鍋塚古墳」を紹介します。

鍋塚古墳とは

鍋塚古墳は、1辺63m、高さは7mの方墳。出土した埴輪の形状から、5世紀初頭に築造されたと考えられています。方墳

元々は周濠があったと考えられていますが、現在は消滅。墳丘からは円筒埴輪、家・衣蓋・盾・靫形などの形象埴輪の破片が出土しています。




出土した埴輪は隣接する「仲津姫命陵(仲津山古墳)」の埴輪に近い特徴を持つことがわかっています。鍋塚古墳は、仲津姫命陵の外堤に接しており、埴輪の形状、位置などから仲姫命陵の陪塚と考えられています。

仲津姫命陵(仲津山古墳)
仲津姫命陵(仲津山古墳)

鍋塚古墳周辺には、かつて小さな古墳がいくつか存在し、まとめて「沢田の七つ塚」と呼ばれていました。現在は開発により多くの古墳が失われ、鍋塚古墳は「沢田の七つ塚」の最後に生き残りです。鍋塚古墳

鍋塚古墳の北側には、沢田の七つ塚の一つ「高塚山古墳」が存在しました。高塚山古墳は、鍋塚古墳と同規模の円墳、もしくは方墳だったと考えられています。高塚山古墳の発掘調査から埋葬施設は、割竹形木棺とそれを覆う粘土槨であることが判明しています。




鍋塚古墳の埋葬施設は不明ですが、規模や時期が同じことから、同様の埋葬施設を有していたとも考えられます。

埋葬者についても不明ですが、仲津姫命陵の陪塚であることから、仲津姫命陵の埋葬者に近い人物だったと思われます。鍋塚古墳

1956年に国の史跡に指定。2012-2013年にかけて古墳整備が行われ、現在に至ります。鍋塚古墳

現在の鍋塚古墳

近鉄南大阪線「土師ノ里駅」の改札を出ると、すぐ目の前にある鍋塚古墳。鍋塚古墳

円墳にも見えますが、実は方墳です。上から見ると方墳にも円墳にも見れる微妙な姿・・・
鍋塚古墳

鍋塚古墳は、古市古墳群で中に入られる8基の古墳の一つ。その中でも特に整備された古墳ということで、美しい姿をしています。また、道沿いには案内板も設置。鍋塚古墳

鍋塚古墳の正面。木がなく芝生が敷かれています。さらに階段まで設置。鍋塚古墳

階段を上り墳頂へ。南側に仲津姫命陵の巨大な前方後円墳が見えます。仲姫命陵

北側になります。マンションの裏側に見えるのが允恭天皇陵。允恭天皇陵の周辺にも数多くの小型古墳が存在します。鍋塚古墳

周辺の急激な開発により、多くの古墳が失われてました。しかし運良く生き延びた沢田の七つ塚の最後の古墳は、整備され保存されました。これからも美しい姿で、地元の人々や訪れた人に親しまれることでしょう。

アクセスと駐車場

・公共交通機関土師ノ里駅近鉄南大阪線「土師ノ里駅」出てすぐ。




・自動車
国道170号外環状線「沢田交差点」を東へ曲がり府道12号堺大和高田線へ。道なりに5分り「土師ノ里交差点」すぐ。鍋塚古墳に駐車場はありませんが、駅周辺にコインパーキングが存在します。

周辺スポット

・仲姫命陵/仲津山古墳仲姫命陵古墳鍋塚古墳の隣にある古墳。応神天皇の皇妃であり、仁徳天皇の母である仲姫命の陵とされています。全国9位、藤井寺市内で1位の規模を誇る巨大前方後円墳。

仲姫命陵(仲津山古墳) | 藤井寺市最大の古墳は女性の埋葬者? ぶら古墳 Vol.34 〜藤井寺 百舌鳥古市古墳群〜

・允恭天皇陵/市ノ山古墳允恭天皇陵鍋塚古墳から徒歩約3分の場所にある前方後円墳。仁徳天皇の息子であり、雄略天皇の父である允恭天皇の陵とされています。

允恭天皇陵(市野山古墳)|氏性の混乱を盟神探湯で解決!〜藤井寺市 世界文化遺産〜

・蓮土山 道明寺道明寺鍋塚古墳から徒歩約5分の場所にあるお寺。

道明寺 | 道明寺粉が生まれた二つの説 ~藤井寺市 御朱印 アクセス~

・道明寺天満宮道明寺天満宮https://travel-minakawa.com/2019/09/25/haniwamikuji/

鍋塚古墳データ


古墳名:鍋塚古墳
住所:大阪府藤井寺市沢田4丁目5
墳形:方墳
直径:63m
高さ:7m
埋葬者:不明
築造時期:5世紀初頭
埋葬施設:不明
参考資料:
・古市古墳群をあるく【久世仁士】
・鍋塚古墳案内板
・藤井寺市ホームページ