錦織神社 | 日光東照宮のデザインに影響を与えた神社 ~ 富田林市 錦織神社 御朱印 アクセス~

錦織神社

テニスで有名な錦織圭選手の読み方は「にしこり」ですが、富田林市には錦織(にしきおり)神社という名前の神社が存在します。

ちなみに錦織神社の南には錦織(にしこおり)公園もあり、この記事を書きながらも段々分からなくなってきます。

そんな錦織神社ですが建築様式には少し特徴があり、その建築様式は徳川家康を祭る日光東照宮にも影響を与えたとか!

ちなみにその事を妻に言っても全く信じてもらえずスルーされてしまいました…

今回は錦織神社が日光東照宮にどのような影響を与えたのかを紹介したいと思います。

錦織神社の沿革

錦織神社

かつては水郡神社または水郡天王宮と呼ばれていましたが、明治40年に錦織神社(にしきおりじんじゃ)に改称されています。

錦織神社が建つ地域は古代「錦織(にしごり)部」と呼ばれ、百済から来た織物の技術者達が暮らしていました。錦織神社は錦織部に住む人々の氏神であったそうです。

今のところ詳しい創建の時期は分かっていません。しかし1935年の本殿修理時に地中から平安時代中期の瓦が出土していることから、これ以前に創建されたのではないかと言われています。

錦織神社が日光東照宮に与えた影響

錦織神社には参道がなんと150mも続いています。これは馬場先といって、過去に流鏑馬が行われていた名残と言われています。

錦織神社

藤井寺市にある辛国神社の参道も長いですが、それに匹敵する長さと美しさですね。

辛国神社 | 南河内屈指の美しさを持つ参道 〜 藤井寺市 御朱印 アクセス 駐車場〜

参道を抜けると拝殿あり、その先には錦織神社の本殿が現れます。

錦織神社

本殿は室町時代の1363年の創建。1363年頃と言えば、南河内にゆかりのある南朝方で言えば楠木正成の息子である楠木正儀が活躍していた時期です。

この本殿が日光東照宮の拝殿に影響を与えたと言われていますが、どのような影響を与えたのか?

錦織神社本殿の屋根正面には軒唐破風の上に千鳥破風を乗せた様式が取り入れられています。

軒唐破風やら千鳥破風と言われても何のことか分からないのですが、破風とは屋根の正面につけられた装飾を意味するものだそうです。軒唐破風の上に千鳥破風を乗せるとは写真で説明するとこんな感じです。

錦織神社

江戸時代においてこの様式は神社などで多く取り入れていたそうですが、室町時代にこの様式を取り入れていた神社は非常に少なかったようです。

利用できる日光東照宮拝殿の写真が無いので見比べて紹介できないのが残念なのですが、日光東照宮拝殿も2種類の破風が重なっているように見えます。(有名な陽明門ではなく拝殿の方です。)
参考 日光東照宮+拝殿

それ以外にも本殿には様々な彫刻や絵が多く存在し、色艶やかで豪華な作りはついつい見とれてしまいます。

錦織神社は江戸時代に先駆けて室町時代からデラックス路線を突き進んでいたんですね。

錦織神社

錦織神社

本殿の両サイドには摂社と言われる小さな神社が存在し、本殿と含めて国の重要文化財に指定されています。


河内からの天誅組へ参加した人々

錦織神社の参道には「天誅組記念碑」という石碑があり、気になったので少し調べてみました。

錦織神社

1863年の幕末に天誅組の変と呼ばれる倒幕運動が起こりました。この石碑は河内から天誅組の変に参加した人々の功績を記したものでした。

なぜ、その記念碑が錦織神社に有るのか?それは天誅組の変に参加した河内勢のリーダーが錦織神社(当時の社名は水郡神社)の祠官だったからです。

天誅組河内勢のリーダーの名は水郡善之祐(にごり ぜんのすけ)と言い、錦織周辺の大地主でした。大地主と言うことで天誅組においては装備など金銭面でも多く支援したそうです。

堺から狭山を経て大和に向かっていた公卿 中山忠光をリーダーとした天誅組は富田林に到着。錦織神社から数キロ離れた水郡善之祐の館で河内勢数十人と合流します。その中には水郡善之祐の長男である13歳の英太郎もいました。

錦織神社

水郡邸

天誅組は大和五條で幕府に対して挙兵。倒幕運動の先駆けとなりますが時世、組織力、運などに恵まれず挙兵は失敗。

天誅組に参加していた河内勢も多くの仲間を失い、最終的には幕府軍側の紀州藩に投降。水郡善之祐は京で処刑されましたが、長男の英太郎は若年と言うことで命を救われました。

天誅組の変は倒幕に失敗しましたが、公然と武装蜂起し、代官所を襲撃したことは幕府の権威を低下させました。

天誅組の変は後に続く倒幕運動に大きな影響を与えた事で明治維新後に評価され石碑設置に繋がったと思われます。

まとめ

錦織神社は鳥居をくぐったところからドーンと広がる元流鏑馬が行われていた参道、小さいながらも豪華できらびやかな本殿、天誅組記念碑など今まで知らなかった事も多く非常に興味深いものでした。

特に長い参道と美しい本殿は一見の価値があります。

しかしよく考えてみたら徳川幕府開祖ゆかりの神社に影響を与えた本殿と、徳川幕府を倒すキッカケとなった天誅組記念石碑が同じ敷地にあるというのは不思議な感じですね。


錦織神社

錦織神社データ

住 所:大阪府富田林市宮甲田町9−46
アクセス:近鉄長野線川西駅から西へ徒歩約5分

祭 神: 建速素戔嗚命、品陀別命、菅原道真
旧社格:郷社