圧倒的存在感!PLの塔へ行ってきました。 〜富田林市〜

南河内に住んでいると、かなり高い確率で目にする「PLの塔」。昨年、機会がありましたので、ちょっと行って参りました。




「PLの塔」の正式名称は「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」。略して「大平和祈念塔」とも呼ばれています。

PLの塔は1970年8月に完成。高さは180mとなり、日本で17番目に高い巨大な塔。通天閣が108m、太陽の塔が70mなので、その巨大さがわかります。PLの塔

PLの塔の意義として、PL教のホームページには以下のようにあります。

超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔の神殿には、宗教の違いを超えて、全世界、全時代の戦争犠牲者の霊を奉祀しています。

「超宗派」と塔名についている事もあり、PL教徒でなくとも参拝目的であれば塔の内部まで行くこと事ができます。参拝時間は午前10時〜午後4時まで、参拝料は無料。

PLの塔へ

PL病院の前にある入口を進むと、大きな姿が視界に入ります。遠くから見ても巨大に感じるPLの塔ですが、ここから見ると本当に巨大です。あと雨上がりに訪れたので、やたら迫力がありました…PLの塔駐車場に車を停め、守衛さんに参拝に来ましたと告げると奥に入れてもらえます。塔の手前にある大きな広場までくると、塔の巨大さに圧倒されます。大きい!本当に大きい!!PLの塔

普通の塔は直線的で左右対称ですが、PLの塔は規則的な作りではないため、左右対称ではありません。本当にどうやって作ったのでしょうか…PLの塔

広場の先にある階段を昇ると先程の広場が一望。ここから見下ろすだけでも結構気持ちがいいですね。ちなみに私以外、来ている人は誰もおらず…PLの塔

塔の直下から見上げると、もう大き過ぎて把握できません…PLの塔

塔の足下に入口があり、参拝を告げると係りの人が一緒に塔内を案内してくれます。案内兼お目付役と言うところでしょうか…PLの塔

神聖な場所であるため内部の撮影は控えましたが、1階は様々な芸術作品が展示されています。そう言えばPL教には「人生は芸術である」と言う教えがあり、その影響か敷地内のあちこちに芸術作品が置かれています。もっとも、最大の芸術作品はこのPLの塔ですが…




2階に案内して頂くと、世界中の戦争で亡くなった方の慰霊と鎮魂を目的とした祭壇があります。そこでお祈りをして参拝終了。訪れた時は、ここで結婚式が行われると言うことで、その準備中でした。

最後は参拝記念に記念スタンプを押し、PLの塔のオリジナルクリアファイルを買って帰りました。

身近にあると中々行かないものですが、間近まで行ってみると、改めてPLの塔の巨大さを感じますね。