栗塚古墳|日本書紀の不思議な赤馬物語の舞台?〜羽曳野市〜

栗塚古墳の全景南河内の古墳を紹介する「ぶら古墳シリーズ」。今回は、羽曳野市誉田にある「栗塚古墳」です。百舌鳥・古市古墳群の一つで、世界文化遺産「35」に登録されています。(2020年11月更新)




栗塚古墳は、応神天皇の陪塚とされている古墳です。日本書紀には、応神天皇陵を舞台とした不思議な赤馬のお話が登場しますが、この舞台は応神天皇陵ではなく栗塚古墳ではないかとの説も…

その不思議な話とはどのような話なのか?そして舞台となったのはどの古墳なのか?。今回は羽曳野市誉田にある「栗塚古墳」を紹介します。

栗塚古墳とは

栗塚古墳は、一辺43m、高さ5mの方墳。墳丘は二段に築成され、周囲には幅7.5m、深さ0.7mほどの周濠が存在しました。出土した円筒埴輪の種類などから、5世紀前半に築造されたと考えられています。栗塚古墳は方墳

住宅開発の際に行われた周濠の調査から、堤上に円筒埴輪が見つかっています。また、濠の中から蓋形(きぬがさ)、家、鶏、犬、馬、人物、盾、囲形などの形象埴輪が出土。

発見された埴輪の状態から、自然倒壊ではなく、廃棄された可能性があるとのこと。周濠からは、河原石が見つかっており、墳丘には、葺石が施されていたようです。




栗塚古墳は「応神天皇陵ろ号陪塚」に指定されており、宮内庁が管理。応神天皇陵の外堤と平行して築造されていることから、応神天皇陵の陪塚と考えられています。応神天皇陵の隣にある栗塚古墳

日本書紀に記された不思議な話の舞台?

応神天皇陵にまつわるエピソードがに登場しますが、立地や規模などから「栗塚古墳」を指すとの説があります。




エピソードは雄略天皇の時代「田辺史伯孫(たなべのふひとはくそん)」に起こった、ちょっと不思議な出来事です。田辺史は、現在の柏原市国分町を本拠地とする、渡来系の豪族といわれています。

田辺史伯孫を祭る国分町にある伯太彦神社
田辺史伯孫を祭る国分町にある「伯太彦神社」

田辺史伯孫の娘は、古市群(現在の羽曳野市古市)に住む「書首加竜(ふみの おびとかりょう)」に嫁いでいました。ある日、田辺史伯孫は娘の出産を祝いに書首加竜の家を訪問。出来事は、帰途につく月夜の晩に起こりました。

馬で帰宅中の田辺史伯孫は、誉田陵(応神天皇陵)の近くで立派な赤馬にまたがった人物と遭遇。赤馬は、大きな体格と俊敏な動きを見せ、田辺史伯孫の馬と走り比べると、あっという間に見えなくなるほどに。




赤馬が欲しくなった田辺史伯孫ですが、その人物はなんと馬を交換しましょうかと提案。喜んで馬を交換した田辺史伯孫はたいそう喜び、赤馬を走らせ自宅に戻りました。

翌朝、厩につないでいた赤馬をみると、驚くことに「埴輪の馬」に変わっているのです。馬の埴輪レプリカ

不思議に思った田辺史伯孫は、誉田陵に向かうと陵に並んだ埴輪の間に自分の馬がいるのを発見。田辺史伯孫は、自分の馬を連れ戻し、その場所に埴輪の馬を戻したということでした。

日本書紀においては「誉田陵(応神天皇陵)から馬を連れ戻した」と書かれていますが、応神天皇陵は巨大でかつ、2重の堀りと堤を有していました。

誉田御廟山古墳(応神天皇陵)
応神天皇陵の内堤

堤に登り、埴輪を入れ替えるのは大変な作業です。そう考えると、応神天皇陵のすぐ横にある栗塚古墳は、規模感からも埴輪の入れ替えやすいのではないでしょうか。




また古市郡から飛鳥戸郡への帰途には、東高野街道を通った可能性が考えられます。栗塚古墳は、東高野街道に面しているのも、このエピソードが栗塚古墳と考えられる理由の一のようです。

東高野街道
東高野街道碑

実際に、栗塚古墳からは馬型埴輪も出土しています。本当にあった話なのか、田辺史伯孫が酔っ払っていただけなのか…実際はどうだったのか気になるところです。

現在の栗塚古墳

もともと応神天皇陵の周囲には、数多くの小型古墳が存在していました。少し北側にも盾塚、鞍塚、珠金塚古墳なども存在しましたが、開発により消滅しています。

盾塚古墳
復元された盾塚古墳

栗塚古墳は、古市古墳群によくある「周囲を住宅に囲まれている」パターンですが、ここはとくに囲まれ過ぎています。




北、西、南を住宅に、東は会社に囲まれています。ただ会社前面が少し開けているので、東側から古墳の一部をみることが可能。栗塚古墳

とはいえ、会社の私有地には入られませんので、道から少し離れて見るしかできません。かろうじて宮内庁の石碑が確認できるのが、古墳らしいところでしょうか。栗塚古墳

何というか「オラオラ、見せもんじゃね~よ、帰んな!」とう若干殺伐とした雰囲気を感じさせます。(あくまでも超個人的な感想です。)




近くの東馬塚古墳は開けた感じがしますが、栗塚古墳は窮屈な感じなので、拗ねているのかもしれません。案内板でもがあれば、もう少し興味を持つ人も増えるのかもしれませんね。

アクセスと駐車場

公共交通機関古市駅近鉄南大阪線「古市駅下車」。駅から西に向かい、国道170号旧外環線線にでます。旧外環状線を北に少し歩くと、左側に誉田八幡宮方面に続く東高野街道に入ります。道なりに歩くと、東高野街道の石碑がある二又にでるので右側の道を直進。少し歩くと左側に栗塚古墳が存在します。

自動車
栗塚古墳近くのコインパーキング栗塚古墳に駐車場はありませんが、近くにコインパーキングが存在します。国道170号外環状線「西古室交差点」を東に曲がります。道なりに走り、西名阪自動車道の高架下をくぐったところを右折。そして最初の交差点を右折して道なりに進むとテニスコートがあり、右側にコインパーキングがあります。栗塚古墳近くは道が非常に狭くなっているため注意が必要です。

周辺スポット

応神天皇陵/誉田御廟山古墳誉田御廟山古墳(応神天皇陵)応神天皇陵の遥拝所へは、栗塚古墳から徒歩5分ほどの場所に存在。全国で2番目の規模を誇る巨大前方後円墳です。世界文化遺産に登録。

誉田御廟山古墳に眠る応神天皇が八幡神?~ 応神天皇陵  羽曳野市 百舌鳥古市古墳群~

二ツ塚古墳二ツ塚古墳栗塚古墳から徒歩2分ほどの場所にある古墳。応神天皇陵よりも前に存在したとされる前方後円墳。応神天皇陵に食い込むように存在することから、応神天皇に近い人物が埋葬されていると考えられています。世界文化遺産に登録。

二ツ塚古墳 | 埋葬者は応神天皇に近い人? ぶら古墳 Vol.35 〜羽曳野市 百舌鳥古市古墳群〜

東馬塚古墳東馬塚古墳の全景2栗塚古墳から徒歩2分ほどの場所にある古墳。栗塚古墳と共に応神天皇陵の陪塚に指定されている方墳です。世界文化遺産に登録。

東馬塚古墳|応神天皇陵の陪塚?それとも・・・〜羽曳野市・古市古墳群〜

大鳥塚古墳大鳥塚古墳栗塚古墳から徒歩5分ほどの場所にある古墳。古市古墳群の中では中型の前方後円墳で、中に入等れる数少ない古墳です。世界文化遺産に登録。

大鳥塚古墳|戦争遺跡を持つ前方後円墳~藤井寺・百舌鳥古市古墳群~

誉田八幡宮誉田八幡宮の拝殿栗塚古墳から徒歩5分ほどの場所にある神社。応神天皇は八幡神とされ、八幡宮の中では最古の神社として知られています。

誉田八幡宮|日本最古の八幡宮は数々の激戦地だった【御朱印】~ 羽曳野市・駐車場~

栗塚古墳データ


古墳名:栗塚古墳
宮内庁名称:応神天皇陵ろ号陪塚
住所:大阪府羽曳野市誉田6丁目6
墳形:方墳
一辺:43mm
高さ:5m
埋葬者:不明
築造時期:5世紀前半
埋葬施設:不明
参考資料:
・古市古墳群をあるく【久世仁士】
・羽曳野市史3
・日本書紀