青山古墳 | 古市古墳群最大級の円墳 ぶら古墳 Vol.25 〜藤井寺 百舌鳥古市古墳群〜

青山古墳南河内にある古墳を紹介していく「ぶら古墳シリーズ」




第25回は藤井寺市にある「青山古墳」です。百舌鳥古市古墳の一つで世界遺産リスト「43」に登録されています。

青山古墳とは

青山古墳青山古墳は、直径68m、高さ10mの円墳で5世紀中頃に築造されたとされます。古墳の南西に「造出し」と呼ばれる突き出した個所があり、それを含めると全長が72m。青山古墳は、古市古墳群における最大級の円墳になります。




青山古墳には周濠が存在し、濠の調査で円筒埴輪や家・衣蓋・盾・靫・馬・人物形などの形象埴輪が見つかっています。

もともとは、青山古墳を中心とした「青山古墳群」が存在していました。青山古墳群は青山古1号墳から7号墳まで存在していましたが、現在の青山古墳である1号墳を除き全てが消滅しています。




また、青山古墳の南側には「軽里古墳群(消滅)」と呼ばれる古墳群も存在し、元々は同一の古墳群だったと考えられています。
青山古墳青山古墳から西へ150mほどの場所墓山古墳が存在しますが、築造時期が異なる事から、墓山古墳との関係性はないと考えられています。

こうしたことから、青山古墳の埋葬者は、ヤマト王権とは独立した豪族ではないかとの説があります。

青山古墳のすぐ近くには「古市大溝」という運河もしくは灌漑用の巨大な水路が存在していました。

この「古市大溝」建造時にこれらの古墳群がいくつか破壊されています。謎が多かった「古市大溝」が6世紀以降に作られたという事が判明しています。

古市大溝
古市大溝があった付近

現在の青山古墳

現在の青山古墳は住宅地の中にある公園横にひっそりと存在しています。古市古墳群で現存する円墳は少なく、周濠まで残っている珍しい古墳は。そのため、周囲に柵が巡らされ、中に入ることはできません。
青山古墳濠には浅く水も残っています。柵や、水があり人が入ることができないため、墳丘にはこれでもかというぐらい草木が生い茂っています。

遠巻きにしか見ることできませんが、仮に入ることができたとしてもビビってしまう雰囲気です。濠に浅く水が溜まり、木々が生い茂っているのが少し不気味な感じがしているだけなんですが・・・(特に夏場)

青山古墳は住宅地に囲まれており、全景を把握しにくい場所にあります。しかし古市古墳群の中では数少ない円墳でなおかつ巨大ということで迫力は充分です。



アクセスと駐車場

◆公共交通機関
古市駅近鉄南大阪線「古市駅」下車。駅西口より東へ10分程歩きます。三井住友銀行がある交差点で右折。北へ歩くとすぐ左折し、再び北へ向かうと「青山2丁目児童遊園」が見えてきます。公園に隣接して青山古墳が存在します。

◆自動車
国道170号線「軽里北」交差点を西へ。青山古墳の近くにあるイズミヤがコインパーキングになっているので、そこに停めるのが一番近くになります。

周辺スポット

◆峯ヶ塚古墳
峯ヶ塚古墳青山古墳から徒歩約10分程の場所にある古墳で、世界文化遺産の一つ。中には入れませんが、間近に古墳を見ることができます。

◆墓山古墳
墓山古墳青山古墳から徒歩約6分の場所にある古墳で、世界文化遺産の一つ。周囲に多くの陪塚を持つ、大王クラスの古墳と考えられています。

◆浄元寺山古墳
浄元寺山古墳青山古墳から徒歩約5分の場所にある古墳で世界文化遺産の一つ。墓山古墳の陪塚とされており、中に入ることはできません。

◆仁賢天皇陵
仁賢天皇陵(ボケ山古墳)青山古墳から徒歩約10分程の場所にある古墳。第24代仁賢天皇の陵とされています。

青山古墳データ


古墳名:青山古墳
住所:大阪府藤井寺市青山2丁目
墳形:円墳
全長:68m
高さ:10m
埋葬者:不明
埋葬施設:不明
築造時期:5世紀中頃