グルメ 太子町

太子町のラ・ムーで買った「カレーライスの入った大きなカレーパン」を食べてみました。

ラ・ムー

先日、太子町にある大型スーパー「ラ・ムー」へ寄ってみました。




ラ・ムーは、岡山県に本社を置く大黒天物産が運営する大型のスーパー。東証1部に上場する企業で、2020年の売上高は2120億円もの大企業なんです!太子町には2018年6月にカインズと並んでオープンしています。

ラ・ムー

ラ・ムーといえば、様々な商品が驚きの低価格で販売されていることで有名。店内を歩いていると、お弁当が198円という信じられない値段がついていたり驚きの連続です。そんな中、私の眼の中に飛び込んできた商品がこれ「カレーライスの入った大きなカレーパン」

カレーライスの入った大きなカレーパン

カレーライスの入った大きなカレーパンとは

「カレーライスの入った大きなカレーパン」とは、ただの巨大なカレーパンではありません。そう、カレーだけじゃなくてライスもはいっているんです!

カレーライスの入った大きなカレーパン

はじめ見たときは意味が分からなかったのですが、商品の意味を理解できても、これを作ろうとした意味は分かりません。カレーパンは、カレーだけでいいじゃないか、なんでライスも入れちゃうのか?炭水化物被りじゃないのか・・・。しかも何このでかさ・・・




そんな疑問が渦巻いたのですが、気が付いたらこのカレーパンを持ってレジに並んでいました。

カレーライスの入った大きなカレーパンのお味は?

ハッキリ言って「デカい」です。通常のカレーパンの1.5倍ぐらいあるんじゃないでしょうか・・・。ちなみに価格は158円とラ・ムーの単体価格のパンの中では少しお高め。いや、ラ・ムーの中で高いだけであって、この大きさであれば十分安いと思います。

カレーライスの入った大きなカレーパン

表示を見てみると、1個で589kcal。セブンイレブンのカレーパンが286kcalなので、このカレーパンの破壊力を分かっていただけるでしょうか。




半分に切ってみると、普通のカレーパンに見えます。ただよく見てみると、たしかに米粒が入っているようです・・・。しかし改めてみるとやはりデカい。589kcalは伊達じゃありません。なぜか匂いはカレーではなく、カレー粉の匂いがします。

カレーライスの入った大きなカレーパン

眺めていても仕方ないので食べてみることに。ご飯が入っているので少しモチモチとした触感。味としてはいたって普通のカレーパン。ただカレーは少し辛めで後からピリっとします。けっこうスパイシーなカレーを使っているようです。

半分に切ったもう一つは、トースターで少しあぶって食べてみました。やはり、冷たいより温めて食べたほうが断然おいしいですね!

カレーライスの入った大きなカレーパン

なんで、カレーだけではなく、ライスまで入れたのか謎深きカレーライスの入った大きなカレーパン。美味しかったのですが、一日胃がもたれました。アラフォーにはつらい・・・


-グルメ, 太子町
-

© 2021 南河内に何がある?|南河内の観光スポットを紹介 Powered by AFFINGER5