グルメ 藤井寺市

無人販売店舗の「神戸元町餃子・藤井寺店」へ行ってきました!〜買い方と焼き方〜

「神戸元町餃子」藤井寺店

新型コロナウイルスの影響もあり、最近無人店舗が増えているようです。昨年、羽曳野市にも無人販売店「餃子の雪松」がオープンしており、無人化の流れは広がりそうです。




そんな中、藤井寺市にも「神戸元町餃子」という無人販売店舗がオープン。ちょっと気になりましたので、さっそく訪問してみた。今回は「神戸元町餃子」の買い方や餃子の焼き方などを紹介します。

神戸元町餃子とは

神戸元町餃子は、大阪に本社を置く「株式会社ZIPANGU」が運営。関西を中心に、餃子など様々な飲食ブランドを展開しています。




ZIPANGUは神戸元町の人気餃子店「ひょうたん」を運営する企業としても知られています。

ひょうたんは、神戸の元町に存在したお店で、赤味噌ダレが味人気の餃子店でした。しかし後継者問題もあり2020年に閉店。その後ZIPANGU社が引き継ぎ、再びオープンさせ話題になりました。

そのような経緯もあり、餃子のノウハウを生かし、無人販売店舗を展開しているようです。

神戸元町餃子・藤井寺店に行ってみました。

「神戸元町餃子」藤井寺店

2021年11月にオープンした「神戸元町餃子・藤井寺店」は、藤井寺駅から南に徒歩2分の場所にあるビルの1階で営業しています。




店の雰囲気は同じ無人販売「餃子の雪松」と似た雰囲気。

前面のガラスには、餃子の価格・入り数・営業時間・キャッチコピーなどが書かれています。

「神戸元町餃子」藤井寺店

店員さんがいないので、アピールできることは、全部書いとこうというところでしょうか。

かなり狭めの店内には、商品メニューや買い方、注意事項が書かれています。無人販売なので、お客さんが迷わないよう丁寧に説明されています。

「神戸元町餃子」藤井寺店

こちらが、餃子が入っている冷蔵庫。雰囲気的に餃子の雪松とソックリです。

「神戸元町餃子」藤井寺店

中から取り出した商品がこちら。パッケージから包装の仕方、さらに文字の色まで餃子の雪松とソックリ…

「神戸元町餃子」藤井寺店

ちなみに18個入りで税込1,000円というのも餃子の雪松と同じです。同じ会社が運営しているのかと錯覚しそう…




別のショーケースには餃子のタレが販売。

「神戸元町餃子」藤井寺店

「神戸元町餃子」藤井寺店

神戸元町餃子では3種類が売られています。
・醤油だれ:100円
・白味噌だれ:200円
・赤味噌だれ:200円

ひょうたんでは、赤味噌だれが有名なので、赤味噌だれをチョイス。ただ白味噌も、他店では見かけないので気になるところ・・・




餃子とタレを選び支払いに移ります。同じ無人販売の餃子の雪松は、箱にお金を投入するアナログな支払い方法でしたが、神戸元町餃子の支払い方法は…

「神戸元町餃子」藤井寺店

やっぱりアナログ!!

ちなみに両替機はないので、小銭がない場合はタレや保冷バックが買えないので注意が必要です。

「神戸元町餃子」藤井寺店

支払いも、賽銭箱のような箱に投入する餃子の雪松と同じ方法でしたが、箱の形や色まで同じ…

ここまで同じということは、無人販売のシステムをパッケージで支援している会社があるのかもしれませんね。




ちなみに、持ち帰りに時間がかかる人は保冷バックも1枚100円で販売しています。

「神戸元町餃子」藤井寺店

神戸元町餃子の焼き方とは

「神戸元町餃子」藤井寺店

神戸元町餃子は冷凍されていますが、解凍せずに調理できるのが特長です。




作り方では、ホットプレートになっていますが、今回はフライパンで作りました。

まず油をひいて、フライパンを温めます。

「神戸元町餃子」藤井寺店

温まったら、凍ったままの餃子を離して並べます。凍り具合によってはくっついて離れないかもしれませんが、あまり気にしなくても大丈夫。

「神戸元町餃子」藤井寺店

次に熱湯170ccを全ての餃子にかけていきます。熱湯は、フライパンを温める前に事前に沸かしておきましょう。

「神戸元町餃子」藤井寺店

熱湯をかけたら、すぐにフタをして5~6分ほど蒸し焼きに。

「神戸元町餃子」藤井寺店

5~6分経ったらフタをとり、水分をとばします。程よい焼き色が付いたら完成!

相変わらず、盛り付けの下手くそさ…センスが無いのでご容赦ください…

「神戸元町餃子」藤井寺店

神戸元町餃子のお味は?

さて、神戸元町餃子のお味が気になるところ?早速焼いてみた餃子を食べてみましょう。まず赤味噌だれを用意。

「神戸元町餃子」藤井寺店

「神戸元町餃子」藤井寺店

餃子を特製の赤味噌ダレにたっぷりつけてたべてみます。

「神戸元町餃子」藤井寺店

白菜やニンニク、豚肉などがバランスよく入った餡で美味しい!

餡があまり自己主張しない分、赤味噌がそれを引き立て、旨さがグッと引き立ちます。




クセのない餃子なので、大人から子供まで幅広い層に好まれる味ではないでしょうか。

まとめ

今回は、24時間営業の無人直売店「神戸元町餃子・藤井寺店」を紹介しました。販売システムは餃子の雪松とほぼ同じでしたが、味は、赤味噌ダレを生かした美味しい餃子でした。




また販売価格も、36個入で税込み1,000円とかなりリーズナブルなのも嬉しいところ。パッケージから取り出して15分もあれば出来上がるので、食事を手軽に済ませたいときにピッタリの商品ですね。

アクセスと駐車場

・公共交通機関

藤井寺駅

近鉄南大阪線「藤井寺駅」下車。南へとほ2分。




・自動車
神戸元町餃子・藤井寺店に駐車場はありません。駅の南側にコインパーキングが数カ所あるので、そこから徒歩がお勧めです。

原材料

キャベツ(国産)・白菜・ニラ・豚肉・豚脂・ごま油・生姜・にんにく・醤油・砂糖・唐辛子・小麦粉・植物脂・食塩/調味料(アミノ酸)・加工でんぷん・酒精

神戸元町餃子・藤井寺店


住所:大阪府藤井寺市春日丘1丁目8
営業時間:24時間営業
定休日:無休
駐車場:なし


-グルメ, 藤井寺市

© 2022 南河内に何がある?|南河内の観光スポットを紹介 Powered by AFFINGER5