辛國神社 | 南河内屈指の美しさを持つ参道 〜 藤井寺市 御朱印〜

辛國神社神社の静かな参道をブラブラと歩いていると、心が落ち着き癒やされた気持ちになりませんか?

藤井寺市にある辛國神社は「大阪みどりの百選」にも選ばれ、南河内屈指の美しさを持つ参道を有しています。

今回は、そんな辛國神社の魅力と歴史について紹介します。

辛國神社とは

辛國神社は約1500前、雄略天皇の時代に創建されたたという由緒ある神社。古来、藤井寺周辺は物部氏が治めた土地で、物部氏の祖神である饒速日命(ニギハヤヒ)を祭ったのが始まりと言われています。

建立された当時は現在より北西の恵美坂にあったと言われ、恵美坂には神社にまつわる地名がいくつも残っております。

雄略天皇は英雄か?暴君?か 南河内ゆかりの地 〜雄略天皇陵・志貴懸主神社〜

物部氏の力が衰えると物部氏の同族である辛國連が祭祀の中心となり「辛國神社」と称されるようになります。「辛國」という文字は「唐国」「韓国」と通じるところがあります。辛國連が渡来人系の一族と何らかの関係があるようですが詳細はよくわかっていません。

室町時代に入り河内の守護となった畠山基国が社領として200石寄進し、現在の場所に社殿を造営しています。その際、奈良の春日大社から天児屋命(アマノコヤネノミコト)を合祀。

畠山基国は能登、越中、河内、紀伊の守護であり、畠山氏として初めて管領に就任すると言う有能な武将でした。

辛國神社に土地を寄進するかわりに春日大社から分祀し、当時大和の国で大きな力を持っていた春日大社の影響力を背景に、河内における地盤を固めようとしたのかもしれません。

畠山基国
畠山基国

辛國神社の周辺には「春日丘」という地名があり、春日大社から合祀された名残とも言われています。

明治時代に入り葛井寺の一角にあった長野神社が辛國神社に合祀され、素戔嗚尊に加わります。そんな経緯で現在は饒速日命、天児屋命、素戔嗚尊が祭神の3神が祭神としてまつられています。



辛國神社へ

神社入り口です。ここから参道が始まります。
辛國神社ただ長い参道というのはよくありますが、直線で平らにドーンと奥行きのある参道というのは意外に珍しいのではないでしょうか?豊かな緑が両側を覆っていますが、参道は幅が広く圧迫感は全然感じられません。参道は綺麗に掃き清められており、非常に気持ちよく参道を歩けます。
辛國神社本殿側から見た参道です。
辛國神社 参道辛國神社 参道

辛國神社の参道は1989年に「大阪みどりの百選」に選ばれています。「大阪みどりの百選」とは公式ホームページによると

府民の皆さんに郷土の優れたみどりの景観を再発見し、みどりに対する関心と大阪への愛着を深めていただこうと、平成元年に山のみどりや鎮守の森、都市公園、水辺のみどり、巨木などのみどりの景観を府民の方々に投票していただき、25万7千通を超える投票の中から百個所を選定しました。

とあります。南河内には22箇所あり、このサイトで紹介した「小野妹子の墓」や「延命寺の紅葉」も「大阪みどりの百選」に選ばれています。
辛國神社

参道途中にある石の鳥居。こちらは明治時代に葛井寺内にあった長野神社が辛國神社に合祀された際に移設された鳥居だそうです。手前の狛犬も長野神社のものだったのでしょうか?
辛國神社
奥に見えるのが、末社・春日天満宮拝殿になります。
辛國神社 春日天満宮
本殿になります。白と黒の玉石が整然と分けられ、いいアクセントになっております。本殿には絶えず人が参拝しており、地元でも非常に大切にされているということが感じられました。
辛國神社
辛國神社毎年7月16日(宵宮)・17日(本宮)に行われる夏祭りでは夜店が並び多くの人でにぎわいます。また10月に行われる秋祭りでは氏子地区のだんじりが集まり、大いににぎわいます。

アクセスと周辺スポット

近鉄南大阪線「藤井寺駅」徒歩約7分の場所にあります。途中には国宝千手観音像で有名な葛井寺もあるので、寄っておきたい所です。葛井寺

また、古墳関係では辛國神社の南側には世界遺産推薦リストにも登録されている「鉢塚古墳」と仲哀天皇の陵とされる「岡ミサンザイ古墳」もあるのでオススメです。

鉢塚古墳 | ぶら古墳 Vol.27 〜藤井寺市 百舌鳥古市古墳群〜

仲哀天皇陵(岡ミサンザイ古墳) | ぶら古墳 Vol.12 〜藤井寺市 百舌鳥古市古墳群〜


辛國神社 御朱印


辛國神社データ

住 所:大阪府藤井寺市藤井寺1丁目19−14
駐車場:あり
主祭神:饒速日命・天児屋根命・素盞嗚命
摂 社:春日稲荷神社・春日天満宮
式内社:式内小社
旧社格:村社