盾塚古墳|住宅地に復元された帆立貝形古墳~藤井寺市・百舌鳥古市古墳群~

盾塚古墳南河内の古墳を紹介する「ぶら古墳シリーズ」。今回は、藤井寺市道明寺にある「盾塚古墳(たてづかこふん)」です。




百舌鳥古市古墳群の一つですが、世界文化遺産登録リストには含まれていません。

盾塚古墳は、一度開発により消滅した古墳ですが、後に公園として整備され、復元されたという珍しい古墳。

復元された古墳とはいったいどのような姿をしているのか?今回は、藤井寺市道明寺にある「盾塚古墳」を紹介します。

盾塚古墳とは

盾塚古墳盾塚古墳は、全長73m、高さ不明の帆立貝形古墳。帆立貝形古墳は、前方後円墳の前方部が極端に小さくなった姿をしています。帆立貝形古墳

後円部直径は49m、前方部の幅は25m。また、後円部の西側に「造出し」と呼ばれる出っ張りを有していました。




築造時は、楕円形の掘りで囲まれており、墳丘には葺石が施されていました。周辺からは円筒埴輪のほか、数種類の形象埴輪が見つかっています。盾塚古墳

埋葬施設は、後円部に粘土郭が存在。上部には11枚の赤と黒の漆塗りの盾で覆われており、古墳名の由来となっています。

粘土郭には、丸太を2つに割り、中身をくり抜いて再び合わせた「竹割形木棺」が納められていたようです。

木棺内からは、道鏡、勾玉、武具、農具が副葬品として出土。棺外からは鉄刀と鉄剣が出土しています。さらに前方部からは、副葬品のみを納めた施設が存在し、いくつかの鉄製品が出土しています。




盾塚古墳一帯は「土師ノ里遺跡」に属しています。遺跡内には多くの小型古墳が存在し、盾塚古墳の北には「鞍塚古墳」、西には「珠金塚古墳」が存在していました。

その他にも小型古墳が存在しましたが、開発によりほとんどが失われています。土師ノ里遺跡には古墳だけではなく、住居跡や埴輪を焼く窯跡も見つかっています。

道明寺天満宮
道明寺天満宮にある埴輪釜のレプリカ

土師ノ里一帯は、古墳・埴輪の専門集団である「土師氏」の本拠地でした。盾塚古墳の少し北には、土師氏が氏寺として創建した土師寺(現在の道明寺天満宮)が存在しています。このことから土師ノ里遺跡は、土師氏による古墳、埴輪の製造拠点だったとも言われています。

道明寺
道明寺の五重塔礎石跡

盾塚古墳や、その他古墳の埋葬者については不明ですが、土師氏の首長クラスの墓とも考えられます。

現在の盾塚古墳

盾塚古墳は、府営藤井寺道明寺住宅の建設により一度消滅しています。盾塚古墳

その後、住宅の建て替えにより「盾塚古墳公園」として復元されました。盾塚古墳

周辺には古墳が非常に多いエリアなので、古墳に興味がある人なら、立地や形から古墳と気付くかもしれません。




ただ、興味の無い人は、ただのこんもりとした広場にしか見えないでしょう。盾塚古墳

本来の墳丘は、もう少し高かったそうですが、あまり高く造ると、住宅の1階が丸見えになるため配慮したのかもしれません。

こちらが後円部。ここから粘土郭と割竹形木棺が見つかっています。埋葬施設は、最初の開発で消滅したのでしょうか?盾塚古墳盾塚古墳

こちらが前方部。ここから副葬品のみを埋葬した施設が存在していました。前方部は高さもなく、前方部といわれなければ分かりません。盾塚古墳盾塚古墳

墳丘西側にある案内板。これがなければ、普通の人は古墳と気づかないでしょう。盾塚古墳

造出しは、再現されていませんが、もしかしたらこの散水栓の出っ張りは、造出しを意識して作られたのでしょうか?盾塚古墳盾塚古墳

じっくり古墳を観察したいところですが、オッサンが一人で広場をウロウロしているのが、2棟の住宅から丸見えなので、そこそこで退散することにしました。

アクセスと駐車場

・公共交通機関
土師ノ里駅近鉄南大阪線「土師ノ里駅」下車。駅の横を走る国道旧170号外環状線を南へ。しばらく歩き「道明寺5丁目北交差点」を西に曲がります。そのまま直進すると、赤いポストと仲姫命陵参道の石碑があり二又にわかれます。仲姫命陵(仲津山古墳)右手の道を直進すると盾塚古墳が見えてきます。




・自動車
周辺にコインパーキングが1ヶ所あるほか、土師ノ里駅付近にも数ヶ所コインパーキングが存在します。

周辺スポット

・古室山古墳古室山古墳盾塚古墳から、徒歩約1分の場所にある古墳。中に入れる前方後円墳で、四季折々の美しい自然を楽しめます。

古室山古墳 | 四季の景色が美しい古墳 ぶら古墳 Vol.32 〜藤井寺 百舌鳥古市古墳群〜

・赤面山古墳赤面山古墳盾塚古墳から、徒歩約1分の場所にある円墳。西名阪自動車道の開発時に見つかった古墳ですが、保護される形で道路が作られた珍しい古墳です。

・大鳥塚古墳大鳥塚古墳盾塚古墳から、徒歩約2分の場所にある古墳。中に入れる前方後円墳としてしられています。

大鳥塚古墳|戦争遺跡を持つ前方後円墳~藤井寺・百舌鳥古市古墳群~

赤面山古墳|高速の高架下に保存された珍しい古墳~藤井寺市・百舌鳥古市古墳群~

・仲姫命陵/仲津山古墳仲姫命陵古墳盾塚古墳から、徒歩約5分の場所にある古墳。応神天皇の皇后である仲姫命を祭るとされています。全国9位の規模をほこる巨大前方後円墳。

仲姫命陵(仲津山古墳) | 藤井寺市最大の古墳は女性の埋葬者? ぶら古墳 Vol.34 〜藤井寺 百舌鳥古市古墳群〜

・応神天皇陵/誉田御廟山古墳誉田御廟山古墳(応神天皇陵)盾塚古墳から、徒歩約5分の場所にある古墳。応神天皇を祭るとされており、全2位の規模をほこる巨大前方後円墳。

誉田御廟山古墳に眠る応神天皇が八幡神?~ 応神天皇陵  羽曳野市 百舌鳥古市古墳群~

盾塚古墳データ


古墳名:盾塚古墳
住所:大阪府藤井寺市道明寺6丁目6-1
墳形:帆立貝形古墳
全長:73m
高さ:不明
埋葬者:不明
築造時期:5世紀前半~中頃
埋葬施設:粘土槨
参考資料:
・古市古墳群をあるく【久世仁士】
・盾塚古墳案内板