グルメ 羽曳野市

道明寺の新スポットMONZENで美陵ビールの飲み比べを堪能してきました~藤井寺市~

MONZENの全景

先日、藤井寺市で地ビールの醸造をしている「MONZEN」へ行ってきました!




MONZENは、クラウドファンディングなどを活用し、築96年の日本家屋をリノベーションしたことで、話題にもなった藤井寺市の新スポット。

このMONZENでは、美陵ビールという地ビールを醸造しており、4種類のビールの飲み比べができるんです!

藤井寺市の新スポットで味わえる「美陵ビール」とはどんなお味なのか?今回は、MONZENと美陵ビールを紹介します。

MONZENとは

MONZENの看板

MONZENは主に「地ビールの醸造」「レンタルキッチン」「カフェ」を運営する複合施設。




もともと、道明寺天満宮の脇でタバコ屋を営む日本家屋でしたが、長らく空き家のまま放置されていました。

築96年の歴史ある古民家ということもあり、一般社団法人「とこなり」がクラウドファンディングなどを活用し、2021年にリノベーション。「地ビールの醸造」「レンタルキッチン」「カフェ」を活用した複合施設として2022年にオープンしました。




ちなみにMONZENという言葉は「社寺の門前(もんぜん)」からきています。

美陵ビール飲み比べに挑戦

というわけで、道明寺天満宮のすぐ隣に建つMONZENにやってきました。昔は古い家屋があったと記憶していましたが、見違えるほどキレイな建物にリノベーションされています。

MONZENの全景

建物の西側がビールの醸造所となっており、こちらで美陵ビールを作っているようです。

MONZENのビール製造所

建物の真ん中には「レンタルキッチン」のスケジュール表が置かれており、週末は夜も賑わっているようです。

MONZENのスケジュール

入口の脇に、美陵ビールの瓶が飾られていました。古民家に人が住まれていたときはタバコ屋を営まれており、瓶が飾られているところは、お店の窓口だったようです。

MONZENの美陵ビール

こちらが店内。床はコンクリートできれいに整備されていますが、天井の梁などは古民家の雰囲気がしっかりと残っています。

MONZENの店内

一部柱もそのまま利用されており、床下部分の接続部分がそのまま残されているのが面白いですね。

MONZENの柱

壁には「美陵ビール」の文字を使ったユニークな絵も飾られていました。

MONZENの絵画

どうやら2階もあるようで、店員さんに許可をもらって見せてもらいました。急角度の階段を上って見上げてみると、謎の青い天井が広がっています。

MONZENの屋根裏

MONZENの屋根裏

店員さんの話では、アーティストの方が描かれたものとのこと。後から調べてみると、土師ノ里のアーティストランアパートメント「マンションみどり」運営管理人でもある作家、wackによる作品だそうです。

マンションみどり

土師ノ里にある「マンションみどり」

私は芸術的なことは分かりませんが、青空をイメージしているのでしょうか・・・

ちなみに、MONZENにはガーデンスペースもあり、オープンテラスで過ごすこともできるようです。

MONZENのテラス

では早速、美陵ビールを頼んでみましょう。美陵ビールは「美陵エール」「美陵セゾン」「美陵ブラック」「美陵ホワイト」の4種類。メニューにはそれぞれ下記の特徴が記されていました。

MONZENのメニュー

美陵エール・・・穏やかな苦味と芳香な香りの「ペールエール」
美陵セゾン・・・数種類のHOPで香りと苦味を付けた「セゾン」
美陵ブラック・・・ブラックモルトで濃厚な色と味わいにした「スタウト」
美陵ホワイト・・・小麦モルトを使った苦味をおさえた「ヴァイツェン」

MONZENでは4種類を飲み比べられる「お試しセット(1,200円)」があるので、こちらで全種類を味わってみます。ちなみに単品の場合はグラス大で900円、グラス中で600円。




カウンターを見ると、壁に埋め込まれたビールサーバーあり、こちらからそれぞれのビールがでてくるようです。

MONZENのビールサーバー

こちらが美陵ビールのお試しセットで、左から「エール」「セゾン」「ブラック」「ホワイト」

MONZENのビール飲み比べ

可愛いグラスに4種類のビールが注がれていますが、見た目の色から違うので、どんな味か楽しみです。




まず、エールからいってみましょう。こちらは一般的なビールに近い味ですが、「穏やかな苦味」というメニューに書かれたとおりスッキリとした飲みやすさでした。

MONZENのビール

次のセゾンはフルーティーな感じ。数種類のHOPを使ったということで、奥行きのある味わい。

MONZENのビール

ブラックは見た目の濃いですが、思ったよりもスッキリして飲みやすいビールでした。

MONZENの黒ビール

最後のホワイト。こちらもエールとは違ったフルーティーさがあるのと、苦味が抑えられているので、一番印象的なビールでした。かなり飲みやすくグイグイいけます。

MONZENのビール

乾き物系がのおつまみがメニューにあれば最高でしたが、この時間はスペアリブとオムライスとデザートしかなく残念。

個人的には「エール」「ホワイト」が飲みやすくて好みの味でした。普段あまりビールを飲まない私ですが、とても美味しく頂けました。同じビールでもこんなにも違った味が出せるのかと驚きです。




MONZENではレンタルキッチンとしての利用も可能で、訪れた日もキッチンの利用方法を聞きに来ている方がいました。他でお店を経営している人や、料理が得意な方が違ったアプローチでチャレンジできるのはユニークな取組ですね。

他にも定期的にアーティストを招いたイベントも開催するなど、今後MONZENをキッカケに道明寺・土師ノ里エリアがよりも盛り上がっていくといいですね。

まとめ

MONZENの全景

今回は藤井寺市道明寺の「MONZEN」でリノ地ビールの飲み比べを紹介しました。地ビールは4種類もあり、それぞれ個性あふれるビールを味わえました。




リノベーションしたオシャレな古民家で、友人や家族と好みのビールを話しながら過ごしてみてはいかがでしょうか?

アクセスと駐車場

公共交通機関

道明寺駅

近鉄南大阪線「道明寺駅」もしくは「土師ノ里駅」より徒歩約5分。

・自動車
MONZENに駐車場はありません。土師ノ里駅近くにいくつかあるコインパーキングがあります。

周辺スポット

・道明寺天満宮

道明寺天満宮

MONZENの隣にある神社。菅原道真にゆかりの深い神社として知られています。

・蓮土山 道明寺

道明寺

MONZENから徒歩1分ほどの場所にあるお寺。菅原道真の伯母が過ごしたお寺で、道明寺粉発祥の地として知られています。

・土師里八幡神社

土師ノ里八幡神社の全景

MONZENから徒歩3分程の場所にある神社。江戸時代初期に誉田八幡宮から八幡神を勧請されたとされています。

・鍋塚古墳

鍋塚古墳

MONZENから徒歩約3分の場所にある方墳。かつては、沢田の七つ塚の一つといわれていましたが、現在は鍋塚古墳のみ現存。

・仲姫命陵/仲津山古墳

仲姫命陵(仲津山古墳)

MONZENから徒歩約5分の場所にある前方後円墳。応神天皇の皇后である仲姫命の陵とされます。世界文化遺産に登録された古墳で、藤井寺市では最大規模。

・允恭天皇陵/市野山古墳

允恭天皇陵

MONZENから徒歩5分ほどの場所にある古墳。全長230mを誇る巨大前方後円墳で、允恭天皇の陵とされています。

MONZENデータ


住所:大阪府藤井寺市道明寺1-16-41
営業時間:イベントなどにより変則
定休日:イベントなどにより変則
電話:080-4395-3332
駐車場:なし

-グルメ, 羽曳野市
-, , , ,

© 2022 南河内に何がある?|南河内の観光スポットを紹介 Powered by AFFINGER5