蕃所山古墳|応神天皇陵を作る道具を埋めた古墳?〜藤井寺市・百舌鳥古市古墳群〜

蕃所山古墳南河内の古墳を紹介する「ぶら古墳シリーズ」。今回は、藤井寺市にある「蕃所山古墳」です。百舌鳥古市古墳群の一つですが、世界遺産登録リストには含まれていません。



蕃所山古墳とは

蕃所山古墳蕃所山古墳は直径22m、高さ3m。5世紀~6世紀前半に築造された円墳。円墳
応神天皇陵築造の際に使われた、土を運ぶ「モッコ」を埋めてたとの言い伝えから、通称「モッコ塚」とも呼ばれています。蕃所山古墳の本格的な発掘は行われていないので、実際にモッコが埋まっているのかは分かりません。




蕃所山古墳の近くにはサンド山古墳があり、消失したサンド山2号古墳、藤ノ森古墳、蕃上山古墳がありました。蕃所山古墳とあわせたこの5つの古墳には何らかの繋がりがあったのではないかと考えられています。

サンド山古墳
サンド山古墳

蕃所山古墳自体は、あまり大きくありませんが、程よく木が生えており、実際よりもボリュームを感じます。蕃所山古墳鬱蒼と木が生い茂っているのは少し怖いですが、何もないと寂しいのでバランスがとれた姿をしています。




少し西側には応神天皇陵があり、応神天皇陵の陪塚のようにもみえますが、意外と独立した古墳とのこと。蕃所山古墳蕃所山古墳蕃所山古墳消失した蕃上山古墳からは巫女形埴輪や人物像埴輪などが出土していますが、蕃所山古墳は発掘がされていないため、墳丘から埴輪の欠片が見つかったぐらいとの事。案内板はありましたが、調査されていないので情報量は少なめでした。
蕃所山古墳国の史跡に登録されており、中に入ることはできません。蕃所山古墳かつて蕃所山古墳周辺は田園地帯でしたが、住宅開発が進むと多くの古墳が消失。しかし蕃所山古墳はワザワザ道を迂回させる形で保存されています。
蕃所山古墳住宅地にある小さな古墳は、ギリギリまで周囲を家に囲まれて景観的には少し残念な場所が多いのですが、蕃所山古墳は少し異なります。蕃所山古墳古墳を避けるように道が作られているので、自然と「ラウンドアバウト」のようになっています。ラウンドアバウト状態ながら、そんなに車が多く通るわけではありませんが・・・




このように空間に余裕があることによって、蕃所山古墳は住宅地の真っただ中にありながら、非常に景観のよい古墳となっています。蕃所山古墳蕃所山古墳を残したという事は、地元の人にとっては特別な古墳だったのかもしれません。

アクセスと周辺スポット

藤井寺駅最寄駅は近鉄南大阪線の藤井寺駅になります。ただし、歩くと20分以上かかりますので藤井寺駅から近鉄バスに乗り、藤が丘で降りるのが一番近くなります。

ただ、蕃所山古墳だけを見に行く人もいないと思いますので、藤井寺駅から葛井寺〜辛國神社〜仲哀天皇陵を経て蕃所山古墳。そこから西へ向かい応神天皇陵~誉田八幡宮~近鉄南大阪線の古市駅から帰るルートなら程よいハイキングコースになりそうです。

辛國神社 | 南河内屈指の美しい参道【御朱印】〜 藤井寺市 〜


車の場合は、徒歩3分ほどの場所にコインパーキングが存在します。
蕃所山古墳

蕃所山古墳データ


別名:モッコ塚
墳形:円墳
築造時期:5世紀前半
住所:大阪府藤井寺市2丁目
全長:22m
高さ:3m
埋葬:不明
古墳内立入:不可