グルメ 藤井寺市

ノーウェア土師ノ里|オシャレなカフェ&コワーキングスペース!~藤井寺市~

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)の外観

最近カフェに行くと、ノートパソコンで作業をしている人をよく見かけます。家で作業するよりも、外のほうが集中できるという人が増えているのかもしれません。




私もカフェやファーストフードで作業しますが、店内が騒がしかったりwifiがつながりにくいと、快適な環境で作業したいと思うこともしばしば。

どこか快適に作業できる場所がないか探していると、藤井寺市の土師ノ里駅近くに「ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)」さんがコワーキングスペースを運営しているのを発見。




行ってみると、コワーキングスペースだけでなくカフェも併設され、とてもユニークなお店でした!そんなわけで、今回は藤井寺市国府にある「ノーウェア土師ノ里」を紹介したいと思います。

ノーウェア土師ノ里とは

ノーウェア土師ノ里は、土師ノ里駅の北側にある「里庭の箱」に存在します。里庭の里は、昔ながらの文化住宅を改装し、数軒のお店が集まったエリアです。

昭和のレトロ感を残しながら、内装は現代風にアレンジされて、とてもオシャレなスポット。




里庭の箱は、少し奥まった場所にあり、主要幹線から見えない場所にあります。そのため、地元の人が知る隠れ家的な場所なんです。

駅近という好立地ですが、道路の問題で建て替えができず、文化住宅をリノベーションして貸し出されているとのこと。

そんな里庭の箱の一角に、ノーウェア土師ノ里が存在します。お店は、もともと2軒だった住宅の壁を取り払いリノベーションしたもの。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)の外観

ノーウェア土師ノ里は、2019年10月にオープン。1階がカフェ、2階がコワーキングスペースとして利用されています。

ご夫婦で運営されており、奥さんがカフェ、旦那さんがコワーキングスペースを担当。




開業前はそれぞれ、お菓子作りやコワーキングに関わっていたとのことで、夫婦の特技を生かしたお店づくりをされています。

珍しいお茶が気になるカフェ

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のカフェ

ノーウェア土師ノ里の1階は、カフェになっています。文化住宅のレトロ感を生かしつつ、木の温もりを感じるオシャレな店内。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のカフェ

客席の上は吹き抜けになっているので開放感があります。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のカフェ

こちらはがドリンク類のメニュー。よく見てみると「和紅茶」「台湾茶 阿里山金萱茶」という不思議な飲み物もあります。ちょっと気になりますね…

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のメニュー

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のメニュー

特にハーブティーの驚くほど種類が豊富!ペパーミントなど見慣れたものから、初めてみる名前ものまで。松の実ってどんな味がするんでしょうか…




今回は、無難にカフェオレを頼んでしまいましたが、次は気になるドリンクを頼んでみたいところ。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のカフェ

こちらは、食事メニュー。写真はありませんが、インスタを見るとメチャクチャ美味しそう!

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nowhere Hajinosato(@nowherehajinosato)がシェアした投稿

さらにデザートメニューもあります。ヌガー グラッセ オ ザブリコって何でしょう…そもそも何語なんだろうか…こちらもかなり気になります。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のメニュー

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のメニュー

他にも焼菓子などが販売しているので、お茶のお供にもいいですね。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のカフェ

訪問したとき、壁に絵画が飾られていましたが、空いたスペースを利用してギャラリーも開催していました。聞いてみると、美術系の学生が描いた絵が飾られているようです。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のカフェ

過去には陶器など、絵画に限らず様々なが展示されているようです。これも、地元とのつながりが広がるユニークな取り組みですね。

コワーキングスペース

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のコワーキングスペース

2階は、コワーキングスペースになっています。コワーキングスペースとは、フリーランスや個人などがスペースを共有しながら、それぞれ仕事や作業を行う場所。最近ではコロナ禍の影響で在宅勤務の人が増え、コワーキングスペースを利用する人も増えています。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のコワーキングスペース

コワーキングスペースの利用は「時間貸し」のドロップインと「月額の利用」があります。ドロップインは「3時間まで 1,000円(税込) 」「3時間以上 2,000円(税込)」の2コース。私のようなフリーランスでも在宅勤務でもない人が、空いた時間に利用するのもOK。




デスクは、自由にどの場所に座ってもいいフリーアドレスタイプ。備品にはプリンターが設置されている他、本格的な作業をしたい人にも対応できるよう、モニターも置いています。フリーwifiを完備し、セルフでドリンクも飲み放題なのも嬉しいですね。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のコワーキングスペース

利用した時は、偶然私一人でしたので静かに集中して作業ができました。今回はノートパソコンで作業しましたが、モニターが置いているならMacminiを持ってきて使うのもいいかなと思いました。

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)のコワーキングスペース

不定期にミニイベントなども開催しており、コワーキングだけでなく、地域の交流にも積極的に取り組まれています。

まとめ

ノーウェア土師ノ里(NOWHERE HAJINOSATO)の入口

今回は、藤井寺市国府にある「ノーウェア土師ノ里」を紹介しました。隠れ家的な場所にあるカフェ&コワーキングスペースは、とてもオシャレな空間でした。

メニューには様々な種類のお茶があり、来るたびに色々な味を試してみたいですね。




コワーキングスペースも、木のぬくもりを感じる落ち着いた空間で作業もはかどりそうです。

ちなみに柏原市にもコワーキングスペースを運営されているとのこと。こちらにはカフェはありませんが、機会があれば行ってみたいと思います。

アクセスと駐車場

・公共交通機関

土師ノ里駅

近鉄南大阪線「土師ノ里駅」下車。駅をでて北側に少し歩くと消防署があるので、手前の道を右折したところが里庭の箱になります。




・自動車
ノーウェア土師ノ里に駐車場はありません。土師ノ里駅周辺のコインパーキングを利用するのがオススメです。

周辺スポット

・允恭天皇陵/市野山古墳

允恭天皇陵

ノーウェア土師ノ里の隣にある古墳。全長230mを誇る巨大前方後円墳で、允恭天皇の陵とされています。

・鍋塚古墳

鍋塚古墳

ノーウェア土師ノ里から徒歩約3分の場所にある古墳。かつては、沢田の七つ塚の一つといわれていましたが、現在は鍋塚古墳のみ現存。

・仲姫命陵/仲津山古墳

仲姫命陵(仲津山古墳)

ノーウェア土師ノ里から徒歩約5分の場所にある前方後円墳。応神天皇の皇后である仲姫命の陵とされます。世界文化遺産に登録された古墳で、藤井寺市では最大規模。

・国府八幡神社

国府八幡神社

ノーウェア土師ノ里のから徒歩約5分ほどの場所にある神社。境内には衣縫氏が創建したとされる、衣縫廃寺の礎石が残されています。

・宮の南塚古墳

宮の南塚古墳

ノーウェア土師ノ里のから徒歩5分ほどの場所にある古墳。允恭天皇陵の陪塚とされ、中に入ることはできません。世界文化遺産には含まれていませんが、古市古墳群の一つ。

ノーウェア土師ノ里データ


住所:大阪府藤井寺市国府1丁目1-7里庭の箱
営業時間:9:00~21:00(コロナ禍により変更あり)
定休日:月・火曜日、年末年始


-グルメ, 藤井寺市
-, , ,

© 2022 南河内に何がある?|南河内の観光スポットを紹介 Powered by AFFINGER5